摂食障がい近親者の会

会話のイメージ

〜摂食障がいを通して絆を紡ぐ〜

人は「共有できた」と思えると「孤独感」が解消されていきます。過去渋谷の両親もカウンセラー主催の家族会に参加して同じような状況下の親御さんと出会うことが出来、話をすることで気持ちが和らいだ。と常々話しをしてくれました。

そして、「視点の変化」も生まれてきました。私への接し方も変わり、中退したことを責めることもなくなり、そのままを受け入れていこうと努力してくれました。

そして、「摂食障がいになったことで色々と気づかせてもらった」と言ってくれるようになりました。

ただ、今考えると私は「自分のことしか考えていなかった」という気持ちになりました。「自分のことを伝えることばかりで 親の気持ちを知ろうとしなかった」 ということです。

今ならそれがわかります。「親も相当苦しんでいた」ということが。だからこそ、”たちあおい”で「今自身を責めてしまっている近親者の方がいらっしゃるならなんとかしたい」という気持ちです。

その「なんとかしたい」という気持ちの具現化方法として「摂食障がい近親者の会(仮)」があります。

この空間では「今の悩みを共有する」ことも重要にしていきたいですが、「学べる時間」「楽しめる時間」にしていきたいと考えています。

そして、「参加者さん自身のやりたいこと」をやれる「部活動」のような形で色々と行っていきたいと考えています。家族だけで解決できなくても何も恥ずかしくないし、むしろ辛いなら周りに頼りませんか?

「頼っても良いんだ」と貴方が思えることで、当事者の人の「肩の力を抜く」ことに繋がっていくと考えています。

一人一人の気持ちで、この「摂食障がい近親者の会(仮)」をつくっていきましょう!

先ずは、貴方が「笑顔」になることから始めてみませんか???

最初は緊張してしまうこともあります。私も自助グループに行くときは本当に緊張しました。その緊張をしても自身の考えで「行動」したことは「自信」になります。

あなたの参加楽しみにお待ちしております。

開催日 第3土曜日
時間 14:00~16:00
場所 桜木公民館orさいたま市生涯学習センター
住所 さいたま市大宮区桜木町1-10-18 シーノ大宮センタープラザ5・6階
参加対象者 摂食障がい当事者の近親者

会での約束事

  • 連絡先の交換は、相互の承諾の元おこなって下さい。(何か嫌な思いをされた場合は、いつでも連絡下さい。すぐに対応させて頂きます。)
  • 皆さん自分が話したいことを話しますが、批判する内容の話はしないようにお願い致します。
  • 個人・団体が特定されるような批判についての話は、ご遠慮下さい。
    (皆さんが言いたいことを言える場でありたいのですが、第三者のことを批判する場にはしたくありませんので、ご協力のほど宜しくお願い致します。)
  • もし、会の間に話したく無い場合は、パスをしても大丈夫ですので、あなたの参加しやすい形でご参加下さい。
  • 今後の「たちあおい」の告知の為にアドレスを伺いますが、連絡が困る場合は遠慮なくお申し出下さい。
  • この会には、悩んでいることは似ていても色々な症状の方がいらっしゃいます。そのため、症状が軽い・重いで相手を見ず、自分に取り入れられそうなものをどんどん吸収していって頂けたら幸いです。