寄付ページ

– 概要 –

たちあおいは、「47 都道府県」に茶屋を作る事を目的に活動しています。その理由としては、「人や物、小さな優しさ」など素敵なことがすぐに日本中に伝播すること。

“たちあおい”の花のように至るところにあることで「孤独感」の減少と頼れたり安心感を抱ける空間があることでの「頼り先の選択肢を増やす」というがあります。

「小さな優しさ」を1人が行う事でタイムラグがありながらも受けとった周りの人達が目の前の人達に渡していく。そんな「恩送り」の状態を作っていきたいと考えています。

現状は「摂食障がい」で悩んでる方の空間に特化したものを行なっていますが、摂食障がいを深く考えてみた時に浮き彫りになるのは現状の日本社会全体の課題「安心感を感じれる空間の少なさ」「表現選択肢の不足」「情報の氾濫」「感性を養う空間の少なさ」などが挙げらると考えています。

たちあおいの花
茶屋

”たちあおい”が作る「茶屋」をこの悩みを少しでも和らげられる空間にしていきたいのです。

少しでも入って頂いた皆さんの日々の荷物が減るように。ここに居る仲間で支え合い、励まし合っていくなかで、「私は一人じゃないんだ」って気づけたり、息抜きの場所を得ることで今まで直接ぶつけていた感情や、やり場のない感情の吐き出し口を得られることで当事者の方との関係性がよくなったりしてきます。

「誰か1人にそっと寄り添える」
「誰か1人の応援をし合える」
そんな空間が全国に出来たら。日本全体の「優しさの総量」は上がると信じています。

たちあおいの花
手を差し伸べるイメージ

我々”たちあおい”は「摂食障がい」を起点にして日本社会の一隅を照らす団体で在りたいのです。是非みなさまの「小さな優しさ」を分けて頂けたら幸いです。ここまで貴方の時間を分けて読んで頂きありがとうございました。