no-image

7月22日(日)路地裏ガレージマーケットでの販売をしてきました〜

こんばんは〜チューキラキラキラキラ

 

今週日曜日は、毎月1回行っているガレージマーケットへの出店キラキラ照れ

 

「一緒に販売しよ〜」という告知から毎回一緒に販売してくれる人が来てくれて本当に嬉しいですチョキ

 

思い返せば、渋谷が7年前くらいの21歳の時。

 

初めて続いたバイトが接客でした。

 

そんな時に今でも覚えています。

 

「自分だけが笑顔で良いのか?」ということ。

 

まぁ〜これだけを見たら偽善者っぽいですよね〜

 

それもわかる。

 

ただ、「笑えていなかった時期の自分のように今悩んでいる人は今でもいるはず」と

 

考えて、そして、「接客のようなチームプレイを摂食で悩んでいる人と一緒にやりたい」と思い始めてから

 

7年も経ちました。

 

ですが、こうして今の仕事に出会えてイベント出店する機会をつくれて、”たちあおい”に関わってくれている人達と一緒に

 

「販売」ができるというのは本当に感慨深いところがあります。

 

もちろん、ガッツリ売上を〜という感じというか「場に慣れていく」ことからがスタートだと思っています。

 

自分も、最初は、フリーターなのに週2の4時間からシフトに入っていて周りから「なんで〜?」という感じで見られていました。

 

ですが、何度もやっていれば慣れて先をみれてきます。

 

そのときに、「やっぱり続ける」って大切だな〜と思いました。

 

ただし、続けられたのも周りの人が居てこそでした。

 

当時は、バイト3日目で気になった先輩に朝からお店に電話してアドレスを聞こうとしたり、

 

iPadをあげたりと気持ち悪い行動をしてしまいましたが、そんな恥ずかしい経験があるからこそ、

 

今があるって思っています。

 

周りが見守ってくれたからこそ、自分もそんな人間になれるように過ごしていきたいと思えました。

 

「こういう生き方」というか「対人関係」というものを同僚から教わった「接客業」でした。

 

”たちあおい”では、このように、自分もみんなとやりたいことはやります。

 

ただ、もっと大切なのは、関わってくれている人。

 

1人1人がやりたいことを実現できる環境をつくることだと考えています。

 

誰かが敷いたレールの上を盲信するのではなく、自分が納得して歩んでいく。

 

無理に「人と違うこと」なんて思わなくても、パッと見同じことのように見えても自分の進みたいことをやれる

 

環境を作れたら、1人1人が主役です。

 

本来誰もが自分の人生では主人公。

 

それを”たちあおい”では「場つくり」を通して行っていきます。

 

今は「やりたいこと」が無くても色々やっていけば見えてくるはず。

 

とりあえず「一緒に色々経験していこう〜」

 

そんなことを改めて思うことができた”ガレージマーケット”での販売でした。

 

最後に、今回販売に来てくれた2人。

 

本当に助かりました!!!

 

ありがとうございます。

 

 

PS.自分の横は納豆屋の先輩です。

  摂食障がいとかそんな一部で人を判断しない先輩です。