no-image

精神疾患って何??

こんばんは〜おねがいキラキラキラキラ

 

本日も、記事を読んでの思いを書いていきたいと思います照れチョキ

 

このブログを読んでくれた人がぜひ考える機会になったら良いな〜と思ってるのと、自分と考える視点が違うことがあったら

コメントに書いて教えてくださいおねがいお願いお願い

 

さて、今回は「精神疾患を、もっとオープンに話し合える社会」という記事についてですアップアップ

 

この目標に向かって動いているのがスイスです照れ

 

スイスは「精神疾患の割合が人口1人あたりが世界トップクラス」に入る国です!!!!

 

日本よりも危機感が高い方々が動かれている面白い記事なので皆さんもシェアさせて頂きますチュー

 

さて、この記事を読んでの感想としては、

 

「精神疾患とされた人で<働く>ということはハードルがもっとも高いことの1つなんだ」ということですひらめき電球ひらめき電球

 

「話す」のは良いけど「仕事」となったら途端に難しくなる。ガーンあせる

 

確かに「責任を追わせられるか?」というのは重要な課題になってくると考えていますひらめき電球

 

急に休まれたら困ってしまったり重要なところを任せられない。など共に仕事を行う上で考えなくてはいけないところは

 

増えるでしょう。

 

しかし、ここで疑問なのは「果たして大勢居る精神疾患の括りにされている人は皆一様に雇うに値しないのか?」

 

ということです。

 

精神疾患と言っても千差万別です。

これは、別に精神疾患に限らず人間は個人単位で違います。

 

「傾向が似ている」というのはわかりますが、それを全面に出したら、血液型占いを鵜呑みにしている人と一緒では

無いでしょうか??

 

もちろん働くことが現状難しい人はいます。

ですが、精神疾患の中でも働ける人はいます!!!!

 

大切なのは「効率」を優先し過ぎて時間を掛けて1人1人と向き合わないということでは無いでしょうか??

 

時間を掛けて「対話」をしていけば、その人が見えてきます。

 

そこから判断しても遅くはないのでは無いでしょうか??

 

社会に啓発も大切ですが、自分達の生き方が急ぎすぎて全ての事に「効率化」を求めていないか??を

問うてみることではないでしょうか??

 

「効率化」は時と場合では良いものですが、得られることを捨てていることもあります。

 

「非効率」の中に情緒が生まれるようにも感じています。

 

今回の記事のURを張っておきますので良かったらご覧くださいラブラブ

 

https://www.swissinfo.ch/jpn/society/精神疾患への偏見_うつ病などの精神疾患-もっとオープンに話し合える社会に/41090786

 

 

 

             〜たちあおい各種SNS&連絡先〜

 

連絡先 info@tachiaoi.jp

    07044301665

    

Twitterアカウントhttps://twitter.com/tachiaoi2013

 

ツイキャスアカウント http://twitcasting.tv/tachiaoi2013/

 

Facebookページhttps://www.facebook.com/tachiaoi2013/

 

ホームページ https://tachiaoi.jp

 

ブログアカウント http://ameblo.jp/tachiaoi2013

 

YouTubeアカウント

 https://www.youtube.com/channel/UCo6u_OVmwCenZLpccPQdKjw

 

Instagram

https://www.instagram.com/tachiaoi2013/

 

LINE @

line://ti/p/@sup8076h