no-image

誰の為に生きる??

「自分の為」「他人の為」って対局に

あるものって考えありませんか??

実はそれってイコールになることって
考えると面白いかな?と思い本日は
このことに関して書きたいと思います!!
さて、皆さんは
「今やってる事は誰のためにやっていますか?」って質問になんて答えるでしょうか??
自分も活動をしてるとたまーにですが
聞かれる時があります。
そんな時には、
「昔の自分のように行く場所がなくて
悩んで苦しんでる人が居るのが嫌だから」
と答えます。
これって聞こえが良い答えですよね。(笑)
(自分で言っててなんですが)
本当は、自分の為なんですよねー。
改めて「なんでやってるの?」って聞かれると
「対岸の火事のように考えたくない」
というのもあると思うんです。
自分は周りのお陰で生き甲斐を見つける事が
出来ました。
それなのに自分が良くなったからもう
しーらない!なんて事が「〜するべき」
ということではなくて
「考えない人生が想像できない」のです。
だからやりたい。
もしかしたら押し付けかもしれない。
けれど、自分が動く事で何か変えられるなら
やりたい!というチャレンジしたい気持ちも
あります!
その方が自分が楽しいから。
もちろん活動をしてたら楽しいことだけ
じゃないし、色々と考えないといけない
ことも出てきます。
だけど手放せない執着があります。
だって会に来てくれた人たちと一緒に
やりたい事があるから。
別に俺は摂食障がいを治せる程の神様じゃない。
ただ、一緒に動いたら楽しくない?というのを
感じてもらえた人と行動したいだけ。
摂食の悩み。それに付随する悩み葛藤が
あっても良いじゃん!と言える環境。
活動やる以上万能ではないから嫌いな人も
出てくると思うけど、
その人は、別の縁があるところが必ず
あるから探して欲しい!!
そして、最後に俺は当事者の人を
お客さんみたいな扱いをしたくない。
たちあおいを生活の糧にするとなると
どうしたって金銭がどの部分でも発生
してしまう。
もちろん全て無料でやる事はしないけど、
負担はかけたくない。
このバランスをどうするかは自分の課題
なのですが、そこは周りとの対話で
決めていきたい。
自分の考えを聞く。という自分が
不慣れな事を
する事で自分の視野が広がるし、
より色々な人に届ける事ができる。
結局まとめると「誰の為?」って
考えると分からない。
だから「なんのために!」を考えて
行動するのが
良いのかな!?と結論着きました(笑)
{B60C9FBE-60D1-4F61-9CED-24689D375CE1}

                   11月イベント情報

・題名
  『冬に向けてYO(ヨガ)でYO(養)生!!』
・イベント説明
  「ヨガ」は様々な種類があります。
   また、様々な講師の方が行っております。
   亜樹さんは、摂食障がいの経験者であることはもちろんのこと、参加者の方への
   接し方が優しさの塊のような方です!!
   ヨガを学んで!というよりみんなでゆ〜たり体を動かしながらみんなとの会話
   ではない一体感を感じて頂けたら嬉しいです。
   
  
  
・講師
  野坂亜樹さん
・講師自己紹介
 
ヨガインストラクターAki 自身の体調不良、摂食障がいと向き合う中で 
ヨガと出会い、ヨガを学び始める。 現在はフリーで陰ヨガをベースにしたクラスを 
埼玉県、東京都で担当。 ゆったり、のんびりと呼吸を楽しんでいただけるよう 
日々学びを深めています。
     
・日時
 11月19日(日) 14:00〜16:50
  
・場所
  生涯学習総合センター 9階 学習室2
・住所
   さいたま市大宮区桜木町1-10-18
 
・定員
 15名
 
・参加対象者
   たちあおいの活動を理解していただける方ならどなたでも参加してください。
・参加費
  当日払い1200円 事前振込み800円
 
・スタッフ
  恵実さん・松田さん・渋谷
・振込口座
   「ゆうちょ銀行」 店名038 預金種目 普通預金
           口座番号 8633501
  
   「三菱東京UFJ銀行」 店番384 口座番号0165514
         
 
 
・イベント内容詳細
 ・「障がい」についてみんなで考えてみよ〜〜(たちあおい企画)

 ・寒さが増すこれからの季節、腎経&膀胱系にアプローチしながら
  今年の冬をおだやかに過ごしましょ〜(ᐥᐜᐥ)♡ᐝ
 
・持ち物
 
  お水・カーディガンなどの羽織るもの
 
・たちあおいの紹介
    埼玉で摂食障がいの当事者グループを行っています。
    「ひとりひとりが将来への可能性を信じられ、相互に支え合える社会」を
     ビジョンに掲げて
    「摂食障がいを持っている人がどんな状態でも気軽に来て笑顔になれる
     居場所」
     つくりを活動指針として活動しています。
     「障がい」があるというのは単なる1人の1部分であり全部では
     ありません。 
     人として生きていく上で皆周りから助けられ助けていく存在だと思います。
     「障がい」があるからこそ「周りに自分の出来ることをしていく」
     目の前に困っている人や悩んでいる人が居たら寄り添える。
     嬉しいときは一緒に喜べる。
     そんな温かい社会環境になったら近くの人と
     もっと安心して繋がっていけると考えています。
     ”たちあおい”は人との縁を結んでいくことを大切にして
     活動していきます。