「たちあおい」の紹介

摂食障がい心の居場所「たちあおい」は、摂食障がいっ子が集える場所と交流を目指して2013年10月に立ち上げた摂食障がい当事者団体です。

仲間

役職 名前(ふりがな) 性別 年齢
代表 渋谷 哲生(しぶや てつお)  ♂ 20代

摂食障がい心の居場所「たちあおい」について

摂食障がい心の居場所「たちあおい」を発起した代表の渋谷 哲生(しぶや てつお)と申します。
わたしは、摂食障がいを5年間ほど経験しました。

その当時の事を今振り返ってみると、「一生食べ物のことについて、頭から離れないのでは無いか?」また、「人生の一生を、体重維持の為に費やすのではないか?」など、今では考えられないことで毎日を本気で悩んでいました。

自分自身でも認めたくない自分がいて、自分で自分を責め、不安定な状態で常に葛藤と憤おりの連続だったことを今でも覚えています。 正直あまり文章に起こすのも、その当時のことがフラッシュバックして怖いということがあります。ですので、思いだすのも少しためらいがあります。

あの閉ざされた様な感覚と劣等感、 痩せたらうまくいくのではないか?といった思考回路。 食べ物で頭がいっぱいで無感動だった感覚。 今でも、その思考回路が心のどこかにあったりするのかな…と言う不安感。

そんな気持ちを持ちつつも、生きていれば「楽しい」と笑顔になれる気持ちが持てるのではないかとわたしは思うのです。

そう思えたのも、宮古島に住んだ経験や料理の専門学校に通っていた時に出逢えた先生、わたしの友達作りの為にとお金の援助をしてくれたり、また辛い時に喧嘩しても話を聴いてくれた両親、そして変な奴と言いながらでも笑って接してくれたバイトの仲間たち。

摂食障がいの真っ只中でも私と会って話を聴いてくれ、わたしに進む力をくれた心優しい人達。そんな人達のお陰でなんとか生かされています。

そんなわたしを支えてくれる人達への恩返しを具現化し、恩送りの場として始めたのが摂食障がい心の居場所「たちあおい」です。1人で生きるのが疲れたら来れる場所。

「こんなことしてみた♡」って喜び、そしてお互いが報告しあい分かち合うことが出来る場所…

「親とこんなこと言い合ったよ…」など、なかなか言えない愚痴を言い合える場所です。
摂食障がい心の居場所「たちあおい」に何を求めるかは人それぞれだと思います。

最初から全てを行うのは難しいかも知れませんが、基本的には出来ることから何でもやって行きたいと思います。この摂食障がい心の居場所「たちあおい」を始めたのは、わたし個人が具現化したことですが、会自体は参加してくれる皆さんの想いを具現化出来る場所であれば幸いです。

ですので、何でもやりたいことがあれば、とりあえずまず行動してみようと言うのがポリシーです。また、一人でやるのが不安なら皆んなに頼ればいい。そして、今度は頼られる立場になったら、傍に寄り添い一緒に歩んで行けばいい…

そんな優しいほっこりする恩返しのバトンが繋げられたら幸せです。
摂食障がい心の居場所「たちあおい」として、色々な「居場所・環境」を今後も作っていきたいと考えております。

最後までお付き合いくださり、ありがとうごいました。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

代表   渋谷 哲生