たちあおいが考える摂食障がいについて

花言葉で「大きな志」という意味で「たちあおい」と名ずけ、2013年10月に、さいたまの大宮で摂食障がい当事者会を開始しました。

始めた理由は、ただひとつ。

それは、「摂食障がいを抱えている人や予備軍は日本に大勢います。その現状を静観しているのではなく行動を起こし変えたい」この気持ちです。

最初は、私個人の「摂食障がいの人たちと仕事を行ない共に学び自分の経験を通して自分でも出来ると実感してほしい」、「自分が1石を投じ摂食障がいの人の役に立つ事を行いたい」という自己満足でした。

この気持ちは今でも少なからずはあると思います。

ですが摂食障がい当事者の方々と会わせて頂いたことや、無償の愛で支えて下さる仲間の方々と触れ合えたことで人の優しさや思いやりに触れ1人よがりのつまらなさに気づきました。

「まだ小さい団体にも関わらず手を差し伸べてくれることは奇跡!」

だからこそ今度は自分が恩を返す番だと思います。
そして、今は気づけてきた段階です。

まだまだ未熟ではありますが、もらった恩を活かし恩送りを行ないたいです。

たちあおいの目指していることは、今まで精一杯生きてきて心疲れた摂食障がい当事者や経験者が一時的にでも自分の心を大切に安心して休める環境を作ると共に、1人ひとりのペースで良さや可能性が発揮出来る環境つくりを行うことです。

可能性を発揮できる環境としては、1人の個性が発揮できる環境と皆で社会の闇に光を照らせる仕事を行うことで摂食障がいを回復した後に、今度は私達が社会で苦しんでいる人の役に立つ事で”たちあおい”としての恩送り活動を視野に入れて活動できる団体にしていきたいと考えております。